スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回 Chabo!著者と読者の集い(3)

週末は様々な誕生日メッセージをいただいて嬉しかったです!
メッセージやその他いろいろと気にかけてくださった方、改めてありがとうございます。

さて、「出かけたのは2/7じゃなかったの?」と言われそうな
Chabo!のイベントの続きです。

1回目2回目ときて今回で終わらせられるようにしたいと思います~
という訳で、ほぼ私のメモを打ち直したのが以下に続きます。

著者のみなさんが「誰かのために」「社会貢献」について
それぞれの言葉で語られているのが興味深くもあり、おもしろかったです。

視点がたくさんあることによって、共感したり驚いたり。
何か話を聞いたり本を読んだりするのは楽しい!と書いていて実感中。


酒井穣さん

 ・目標→最終的な地点ではなくその先に成長がある
 ・ヒーローズジャーニー 映画の主人公は誰かのためにがんばる


竹川美奈子さん

 ・4つの投入口があるぶたの貯金箱を例に入ってきたお金の使い方を考える

 誰かのために
  ①口に出す、書く
  ②「どうせ」と言わない 一人一人が100人に影響を与える
  ③真摯にやる


久恒啓一さん

 ・公人、個人、私人の区別
 ・キャリア→仕事歴 + 学習歴 + 経験
 ・問題を解決しながらよい影響を与える
 ・目の前のことを一生懸命やる

 ☆どんな人がえらいか?→人に与える影響が大きい(広さ×深さ×長さ)

 ”勇ましい高尚なる生涯”
 身近な人によい影響を与える人

 縁を大事にする→縁を大事にして磨く


山口一男さん

 win-winの道
 
 ①capability→自分ができることをふやす
 ②resilience→失敗から学んで成功する
        失敗の方が学ぶ
        失敗から立ち直れる
 ③role model→身近にいる成功例、人から学ぶ、第二経験
 ④complementarity→自分の強みと人の強みをあわせる、補完の関係
 ⑤valuing diversity→多様さを理解し、認める
 ⑥codependentにならない→依存を助長しない e.g. DVと被害者、援助国と被援助国


山田昌弘さん

 ○○のために、が自立をさまたげてしまう
 ”しあわせ”という言葉に注目が集まっている
 卒業生に聞くと”不幸になりたくない”と言う
 不幸にならないことに力を使うより他の人を幸せにすることに力を使う方がよい


和田裕美さん

 誰かのために仕事する
 誰かのために何かをして幸せだったり、嬉しかったらそれが大事
 一生懸命はたらくこと
 誰かにやさしくすること
 今日できることをしっかりと形にする、先延ばしにしない


というのが私の走り書きメモのまとめでした。

最後の質疑応答でステキだなあと思ったこと、印象的だった言葉を書き連ねて終わりにします!

 ・自分の得にならないことを何もしない社会だったら道も聞けない
 ・自分にとっては少しだけど、受ける側にとってはとても大きい
 ・人や組織とのよい関係の構築
 ・知る、想像力、考えながらやってみる
 ・他者が自分を見出す
 ・偶然、好き嫌いでやる方が上手くいく
 ・20代のうちはできる仕事を極める
 ・いろいろな人(年代、性別、国籍など)と付き合う
 ・好きなことをする
 ・こんな人になりたいという目標をぼんやりとでも持って進んでいく
 ・だんだん向こうから声がかかるようになる、それを誠実にかえしていく
スポンサーサイト
プロフィール

emi227

Author:emi227
英語を再勉強中の読書好き。
海外旅行、音楽、美味しいもの、フィギュアスケートも好きです。
Environment and International Developmentを専攻していたこともあり、国際協力、国連、NGOにも興味があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。