スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

充電完了

7/16~7/23にかけてマレーシアに行ってきました。
ボルネオ島はサバ州のコタキナバルがメイン。

7/16の午前1時の便だったので7/15の15時半まで仕事をして
それから帰宅→羽田空港とバタバタの出発でした。


前半は思いっきり英語を使って頭を酷使したけど
2年ぶりや1年ぶりに再会した人たちと話せて嬉しかった。

部屋に戻ると広さや昨日を楽しむ余裕もなく
まさにばったり倒れこんで寝て気づくと朝だったり。

それから新しい出会いもいくつか会って、
やっぱり私は近い将来こういう人たちと一緒に仕事をしたいなあ
と強く思えるような旅の前半でした。


それから後半はボルネオの自然を満喫してきました。
ボートはあまり得意じゃないんだけど船酔いしなくてよかった!

夜に野生のフクロウを見るのははじめてだったり、
自然の中に暮らす動物たちから目が離せなくなる瞬間も。


細かいことはまた別に記事を書きたいと思いますが
休み明けの山積みの書類を見ても大丈夫だと思えるのは
たっぷり充電できたからかな?と思ってみたり。
スポンサーサイト

Inspired

まさにinspired(触発された)としか言いようのない週末でした。


土曜に東京国際ブックフェアに行って2冊ほど20%offで戦利品を得つつ、
ひょんなことから補講にお邪魔することになり、それがまたすてきな講師の方!

一緒に聞きに行った方とご飯を食べながら響く言葉が多かったと語ってしまいました。


そして、日曜はとあるお茶会のキャリアのセッションにお邪魔でき、
その後もいろいろな方と話をして、ものすごく濃い週末でした。

ということで、記事を2つから3つにわけて今週の前半で順次書き進めていきたいと思います。

エコライフ・フェア

今日はエコライフ・フェアというイベントに行ってきました。

詳細はこちら

外のイベントなのでお天気が少し心配になりましたが、昨日、今日と
どうにか最後まで雨に降られることなく終了したんじゃないかと。


会員になっているNGOがブースを出していることもあって、
ブースに行ってみると思いがけず別のイベントで会った人との再会もあり、
出かけたかいがあったなあ、と。

今年から3年間やっていく活動の開始のタイミングでもあったので、
行けそうなイベントや活動には顔を出すようにしようと改めて思ってみたり。

ちょうどステージでイベントをやる時間だったこともあって、劇団シンデレラ
子どもたちがステージで歌ったり、話をするところに間に合いました。

「生物多様性」という言葉がステージを観てくれていた人たちに
少しでも伝わっているとよいのですが。

エコライフ・フェア


個人的に目に楽しかったブースはプレジデント社の環境フォト・コンテストで、
しばし、いろいろな想いが浮かんでは消える時間を過ごしました。

from consumer to creator

先週はひたすら仕事を定時で切り上げて人の話を聞く、または人と話をする一週間で
のんびり家で過ごすことはできなかったものの、実に刺激的な一週間でした。


月曜の夜に強烈に印象に残ったのがタイトルにも使ってみた
"from consumer to creator"という表現だったんじゃないかと思う。

アイディアを伝えるということについて話を聞いていたんだけれど、

「みなさん平日の夜にこうやって集まって話を聴きにくるんですから、
インプットはよくされるんでしょう、ただし、アウトプットをしてますか?
本や情報を消費しているだけでいいんですか?」と。

アウトプット、自己表現、価値を生み出すことによって、
その人の価値が表現に宿り、表現をすることによって世の中に訴える、
何かをストックしたり消費するだけでなく、表現する。


必ずしもアウトプットや価値の創造について積極的な方だとは思っていなかったので
ブログの記事を書くというのも表現のうちの一つなのかなあ、と思いながら
耳に痛い!と思わずにはいられない一夜でした。

それから、国際開発入門コースの中で講師として話してくださった中村尚司さんについて
ビジネス関連の話の中で本が紹介されるとは思ってもみなかったのでびっくり。

この数年で何をするか?

漠然としたタイトルですが、この2~3ヶ月でしばしば頭に浮かんでは消え、
という感じだったので将来の自分のために記事にしておくのもよいかと。


今の部署に配属されて1年半が過ぎたんだなあ、と思うと
時間の経過を感じるとともに、これからの仕事について考えることも。

最初は分からないことだらけだったり、昨年の4月に直属の上司が変わるまでは
現場的には動きにくかったりして大変だったことも、長い目で見れば
いつか何かのタイミングで役に立つんだろうかとも思う。

それから、何をするかも大事だけれど誰とするのかも大事だよ、
と聞いたか読んだかしたのを実感したなあ、と。

自分の思う領域とは違っていても、今の部署で仕事をしていると
プロフェッショナルの仕事ぶりに感服することも多い。

今週末は仕事の関係の学会に行かせてもらったのですが、議論の内容に
どこまでついていけたかは別として、技術の進歩、研究の成果を目にすると
今後の展望にワクワクする。


今夜の記事は全然まとまりのない文なのですが、NGO活動の大先輩たちに
これから数年のうちにemiの専門性について考えた方がいいよ。
と、つい先日も言われたばかりだったのでした。

こういう方向に行きたい、興味があるというのは前々からあっても
「具体的な専門性となると何だろう?」と、まだまだ道の途中にいる状態。

どの道をどういけばいいのか、どんな風に歩いていきたいのか?

とにかく今は仕事をしつつ、仕事とは別に行ってみたい方向にも首をつっこみ
目の前のことをこなしながら、この先を一歩ずつ拓いていくしかないのかもしれない。


タイトルに戻って、この数年のうちに私は何を思い描き、
何をなすのか?または、なすべきなのか?

歩いているうちに分かるかもしれない、たどり着けるかもしれない、
ただ、ビジョンや目標を何も持たないままという訳にはいかないんだと思う。

専門性と信念を持ちつつも物事を動かしていけるような人になりたいし、
実務的なところもできることに、こしたことはないだろうとも考えてみたり。
プロフィール

emi227

Author:emi227
英語を再勉強中の読書好き。
海外旅行、音楽、美味しいもの、フィギュアスケートも好きです。
Environment and International Developmentを専攻していたこともあり、国際協力、国連、NGOにも興味があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。